沖縄宮古島・石垣島で学ぶ宅地建物取引士養成講座!知識ゼロから目指す一発合格、合格お祝い金制度もアリ!キャリアアップに有効な宅地建物取引士資格を確実にGET!
沖縄 宅建|比嘉不動産宅建塾    
比嘉不動産宅建塾|HOME 比嘉不動産宅建塾|講師の紹介 比嘉不動産宅建塾|宅建塾概要 比嘉不動産宅建塾|なぜ宅建? 比嘉不動産宅建塾|お問い合わせ


 
受講期間 例年4月~10月までの約半年間(本試験は10月に行われます)
受講代金 20万円(税込) ※分割払い可能(テキスト代別)
講座内容 ・DVD講座 全20回  ・模擬試験 全7回
特 典 ・高校生、大学生学割15万円(テキスト代別)
・試験に合格すると御祝金受講代金全額の20万円(高校生、大学生は15万円になります)を贈呈
 
宮古島校 【火曜日クラス】10名限定 毎週火曜日 19~22時
石垣島校 【木曜日クラス】18名限定 毎週木曜日 19~22時
那 覇 校 【日曜日クラス】20名限定 毎週日曜日 13~16時
 
時間割り
【講 義】 19:00 ~ 19:50 (50分)
【休 憩】 19:50 ~ 20:00 (10分)
【講 義】 20:00 ~ 20:50 (50分)
【休 憩】 20:50 ~ 21:00 (10分)
【確認テスト】 21:00 ~ 21:20 (20分)
【解 説】 21:20 ~ 21:30 (10分)
【個別質問等】 21:30 ~ 22:00 (30分)
毎回約2時間30分~3時間の講義となります。

 

 

平成29年10月15日、沖縄本島で宅地建物取引士(通称 宅建士)の国家資格試験が行われ、 11月29日に合格発表がありました。
今年度は宅建士に名称変更して3回目の試験となり、沖縄県全体では3,009人が受験し、348名が合格しています。(合格率 全国15.6% 沖縄県11.6%) 比嘉不動産宅建塾 宮古校から2名・石垣校から2名が合格という結果になりました。

 


 
 

◎合格した宮古校の仲間安宏さん
職場隣のテナントで塾が開講されていた事、また、宅建士試験の科目に民法があり仕事柄学んでおきたいと思い受講を決めました。
私の勉強法は週1回受講し、帰宅後にその週の宿題を復習を兼ねて行いました。
また、定期的に行う模擬試験で苦手な個所をみつけ重点的にテキストとDVDで勉強しました。
試験前2週間は比嘉先生に言われた通り一問一答を繰り返し解き試験に臨みました。
週1回の受講で半年間というスケジュールは個人的には都合がよく、無理なく受講を続けることが出来ました。熱心な指導を頂きありがとうございました。


 

 
 

◎合格した宮古校の砂田真依さん
毎回、講義DVDを頂けるので、自宅でもまた同じ講義を受けることができすごくよかったです。
勉強はすごく難しかったけど、覚えやすい語呂合わせなども教えてもらい暗記しやすかったです。
分からないところをLINEで質問するとすぐに答えが返ってくるので勉強の手がとまらずすごく良かったです。
講義は5回受けると模擬試験があり、復習をするときの範囲が明確なので復習がしやすかったです。



 

 
 

◎合格した石垣校の水野陽子さん
数年前は独学で受験し結果は1点差で不合格。ずっと心残りだった宅建を勉強できるのもこれが最後と思い受講を決めました。
仕事や家事をしながらの勉強はとても大変でした。しかし、受講できない時も比嘉先生からDVDを頂くことで遅れを取り戻すことができました。
直前まで合格点ギリギリのラインでしたが、最後まで諦めずに比嘉先生の言葉を信じ、模擬試験を何回転もさせたことが合格につながったと思います。

◎合格した石垣校の岡山幹子さん
30歳を迎えるにあたって何か新しいことに挑戦したいと思い、宅建を取ろうと決めました。
比嘉先生作成の模擬試験を完璧に理解することと、過去問10年分を通して間違えた問題を重点的に解きました。わからない問題は昼夜を問わず先生に電話やメールで教えてもらいました。
そのおかげで試験中に先生の声が聞こえ正解を導くことができました。
勉強は大変でしたが、先生を信じて最後まで諦めずに頑張って良かったです。
協力してくれた家族にも本当に感謝しています。



 

私は、宮古島・石垣島で宅建士の勉強ができることを知っていただきたい。
離島のハンデを無くしキャリアアップしていくお手伝いをこれからも続けていきます。
添付した写真は、 宮古校合格証書を持つ仲間安宏さんと砂田真依さん、 石垣校(左から)合格証書を持つ水野陽子さん、私(比嘉)と岡山幹子さんです。 合格お祝金は、宅建試験に合格すると受講代金(18万円全額)お祝金として贈呈する制度です。